電車の人身事故について

今日もまた…

今日もまた電車の人身事故が起きました。人身事故といっても実際は飛び込み自殺です。

私がいつも思うのが、残された家族は大変だなという事です。電車を止めるという事は、営業妨害であり鉄道会社への賠償も発生するという事です。本人は亡くなってしまうのでいいのかもしれませんが、その賠償の請求は家族に向かいます。死んでもなお迷惑をかけるというのは、最後を迎えるにしても最低な方法です。

運転士も気の毒

鉄道への飛び込み自殺は運転士に罪はありません。

例外としてブレーキや警笛を鳴らしていなければ業務上過失致死に問われるという事もあるそうですが、それはないそうです。自動車のように舵をとれる乗り物ではない電車はブレーキ以外では避けることは不可能だからです。

でも罪に問われなくともトラウマにはなるでしょう。何しろ人間の人生の終わりを目撃するわけですから。

PTSDが心配

殺人事件を目撃してトラウマになった人がPTSDになってケアをしなければならないという報道を聞きます。しかし人身事故の当事者である運転士も同じことではないでしょうか?

実際に事故を起こしてしまった運転士はトラウマになり、辞めてしまう人もいると聞きます。そのケアはどうしているのでしょう?

何日か休暇を与えられるといいますが、そんなもので立ち直れるものではないでしょう。

人身事故防止のための対策

こう言っては何ですが自殺をする人は止めることはできません。でも運転士への二次被害を防ぐためにも対策をとることは急務です。

その為に有効なのがホームドアです。ホームドアとは電車が到着した時に開くドアで、電車が来ていないときは閉まっています。しかしこれには欠点があります。それは乗り越えようと思えば乗り越えられるという事です。

予算の関係上もあるのでしょうが、これでは効果は半減してしまいます。人命を第一に考えるのならホームドアは高いものを設置すべきです。

これは運転士の為でもあります。いつか自分も事故を起こしてしまうのではという不安を抱えるのは心理的ストレスになります。

究極は心理的ストレスで病気になってしまって、運転士が自殺してしまうという事態にもなりかねません。

これは早急に対策を講じなければならない事態です。一番良いのが自殺する人が出ないのがいいのですが…。

 

平昌五輪が閉幕しました

そだね~ジャパン‼銅メダル

平昌五輪が終わりました‼ 北海道に住む私にとって冬季五輪は、北海道出身の選手が多く出場するので結構楽しみにしてました!

その中でもそだね~ジャパンという愛称をつけてもらったカーリング女子は一躍有名になりました。

私にとってそだね~は日常会話で普通に使うものであり、なぜそんなに騒ぐのか?と理解に苦しみました。でも北海道以外に住む人にとっては新鮮に映ったみたいですね。

今回の事で北海道弁のイメージが向上したのは確かです。これまでは方言というのは恥ずかしいというイメージがあったのを彼女たちが変えてくれたのは非常に大きい。

彼女たちのチームLS北見。北海道の東側に位置し、冬はマイナス25度にもなる極寒の地です。正直、今北海道は札幌一極集中という事態になり、地方都市は人口流出が止まらない状況です。

そこに今回の銅メダルは地域を活性化させるのに大きな力になりますし、客寄せパンダといわれてもかまわないと思います。

カズこと三浦知良選手がこう言っています。「客寄せパンダでも結構。でもパンダでなければ誰も来ないでしょ?」と。

もぐもぐタイム

もう一つ話題になったのがもぐもぐタイムとよばれるハーフタイム時のおやつです。そもそも、もぐもぐタイムというのは旭山動物園の動物の食事時間の事を言います。名付けた人は北海道=旭山動物園という事で付けたと思いますが・・・。

その中のおやつで赤いサイロというお菓子が人気で手に入らない事態になっています。このお店は地元北見市のお菓子店で、今は超多忙になっているそうです。

北海道のお菓子の有名どころは、道東に固まっています。その理由はお菓子を作るのに必要な材料がそろっているという事と無縁ではありません。

だから非常にレベルに高いお菓子がそろっています。ぜひ北海道に来た時には道東のお菓子をぜひ食べてみてください。

好きな人もいれば・・・

残念ながら好意的に受け止める人ばかりではないというのも世の常です。「調子に乗っている。かわいくないのに…」という人もいます。

でもよく考えてください。本人たちは別にマスコミに取り上げられたくて競技をやっていたわけではないという事を。

正直なところうらやましいのでしょう。

あくまでもここまで取り上げられたのは勝ち抜いてきたからです。これでもし予戦で敗退していたらどうだったでしょう。ここまで取り上げられる事はなかったでしょう。

彼女達は普通の子が味わう事の半分も経験していないと思います。企業スポーツに入っていた人は余計に競技に集中しなければならない立場なので、遊んでいる暇などないのが現状です。中には「仕事もしないでスポーツしているなんて…」と思う人もいるでしょうが、結果を出さなければすぐに解雇ですし選手寿命だっていいところ40代前半が限界です。それに比べれば普通の生活の方がはるかにいいと思います。