東日本大震災から7年…

民主党政権の体たらく

今日、3月11日は東日本大震災から7年目の日。当時、私は外で仕事をしており、急にめまいがしたような感覚に襲われたのを覚えている。その後の事はご存知の通り、東日本は壊滅的な被害を受け現在も復興は続いている。

地震の被害も深刻であったが、福島第一原発の問題は現在進行形の事案だ。この事故はハッキリ言って人災だ。そもそも原発というのは欧米では山間部に建設される。それは「津波などの二次被害を防ぐため」という理由からだ。

ところが日本では沿岸に建てるのが当然という状況。それはなぜか?土地が確保できないというのもあるが、津波など来ない、来てもそんなに被害にはならないから訓練はしない、という見通しの甘さがあったのだろう。

事故など起きないという前提で建てられたのに訓練などすれば安全ではない事になり、安全神話が崩れてしまう。だから安全神話を作り出したのだろう。

日本にとっては震災当時の政権が民主党政権だったのが最大の不幸だった。何しろ原発事故が起きた後に現場に総理が行くというあり得ない行動をとったのだから。

そのことにより現場は混乱し対策が後手に回ったのは事実。それに疑問なのが何故菅氏が乗るヘリコプターにテレビカメラがいたのか?という問題がある。

百歩譲って、行くのがしかたないとしてもテレビカメラが同乗するのはおかしい。

テレビカメラが乗るという事は、事前にマスコミに連絡しないとあり得ない話。これは地震の対策より「自らの功名心」を優先させた証拠だ。

所詮、菅氏は総理大臣になりたかっただけの人であることが露呈した事になった。これは菅氏だけではなく、民主党政権の内閣が皆そのような集まりという事。

民主党政権は政権を一度とってみたいというだけで、本気で日本国民のために政治を行う気などない。現在、安倍政権を攻撃して政権を奪還しようとしている旧民主党(立憲、民進、希望)に政権を任せるわけにはいかないというのも当然の話だ。

野党が復興が進んでいないという資格はない

野党は震災から7年にもなるのに復興が進んでいないと言っている。だが共産、維新以外の野党にそんな事を言う資格はない。

共産、維新以外の野党は旧民主党と言っていい。自らの初動がなっていなかったのを棚に上げて批判するというのは筋が違うのではないか?

今になって自分たちならこうやると言うのは見苦しい。その当時にできなかったものが、今になってできるとは思えない。

民主党政権に対するマスコミの忖度

現在、森友問題で財務省の安倍政権への忖度が問題視されているが、当時の民主党政権に対するマスコミの忖度はすさまじい。

原発がメルトダウン、炉心溶融しているのにも関わらず、マスコミは御用学者を呼びメルトダウンはしていないという主張に終始した。

民主党政権は国民を混乱させるという事でやったのだと予測されるが、国民の安全より政権の維持を優先させたという事と取らざるを得ない。マスコミはなぜここまで民主党政権を擁護したのか?理由は簡単で、日本より中韓を優先するマスコミは、民団をバックに持つ民主党政権は都合がいいからだ。

マスコミの取材も異常、現地が混乱しているのにも関わらず被災者への取材をする神経はいかがなものか?親を亡くした子供に対して「今どんな気持ち?」とか無神経な質問をする。さらに取材車の給油を優先させろと言わんばかりに割り込みをする傍若無人。

報道の自由がないと言っているが、ここまで自由な取材をしているマスコミのどこに自由がないのだろう?

 

 

投稿者: souzou1973

世の中を独自の目線で斬るというのは大げさですが、自分なりの着眼点で書いていきます。日本は世界に誇れる国であり、「日本を取り戻す!」という安倍総理の言葉に共鳴しています。「日本は日本人のもの」当たり前のことが当たり前になる世の中になるように。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です