マスコミの報道姿勢の疑問

安倍政権は独裁?

事あるごとにマスコミは、「安倍政権は独裁だ」、「国民の事を考えていない」と批判する。だが独裁と言うのは北朝鮮や中国のような国の事を言うのであって日本には当てはまらない。

もし独裁であるならば、現在の森友問題のような政府批判など起こるわけがないし、選挙など行われない。独裁で政府批判などしようものなら、危険思想と決めつけられて当局に身柄拘束される。現に中国ではそうだ。

国民生活の事を考えていないというのもお門違い。このような主張をする人は、自分の希望を政府が聞いてくれないという事でこのような主張をしているにすぎない。よくマスコミは国が主導してやるから行動が早いと中国を称賛するが、それは中国共産党の独裁国家だからできるのであって日本にそのまま当てはめるのはおかしい。

報道の自由がない?

マスコミは先進国の中で報道の自由度が低いと言っている。だが、本来報道すべきものを報道せずに、報道したいものだけを報道するという現状を見ると矛盾している。

例えば、今話題の憲法改正を言うと戦争に向かっている、徴兵制が復活するとミスリードする。かたや中国の軍事費の増大には沈黙を貫く。これが公平中立の報道と言えるだろうか?

マスコミはあまりにも中国、韓国に忖度をしすぎている。中国の場合は日中記者協定、韓国の場合はマスコミに在日の人が多く入り込んでいるのがその原因と思われる。

報道の自由よりも報道しない自由が幅を利かせているのが今のマスコミ。

一方に偏らない公正な報道を

今話題の森友問題、この報道もひどい。森友学園に国有地を格安で売ったのが問題とされているが、その隣の野田中央公園の土地も格安で売られていることを報道しない。これは立憲民主党の辻元議員が関与されているといわれているが、そのことをマスコミは報道しない。

維新の足立議員が国会で「辻元議員が関与しているとみられる」と発言したら彼女はひどく狼狽した。この事もマスコミは報道しない。そして批判するのは「総理が関与しているの違いない」という憶測からの話ばかりに終始されている。マスコミのスタンスは「権力を批判するのがマスコミの使命」とばかりに動いている。国会議員も相当の権力を持っている。しかし野党は政権を取ってないから権力はないとでも言うような扱いをする。でも民主党政権のように政権をとるとその扱いは豹変する。

この事からわかるのはマスコミの思想は左寄りという事だ。

本日、辻元議員が関与しているとされているある組織が強制捜査を受けた。私はニュースを見ていたが、私が見た限り放送している局はない。

これこそマスコミが報道しなくてはならない事だろう。一国会議員が「極左団体」と関係を持つというのが適切な関係なのか?さらに国有地の売買ににも関与していた可能性もある。その値引き額は森友の比ではないらしい。

この事を報道しないのはなぜなのか?立憲民主党に政権を取ってほしいとしか思えない。

 

投稿者: souzou1973

世の中を独自の目線で斬るというのは大げさですが、自分なりの着眼点で書いていきます。日本は世界に誇れる国であり、「日本を取り戻す!」という安倍総理の言葉に共鳴しています。「日本は日本人のもの」当たり前のことが当たり前になる世の中になるように。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です