あなた方が望んだ証人喚問でしょ?

本日、佐川氏証人喚問

本日、野党が望んだ元国税庁長官佐川氏の証人喚問がありました。まあ「世の中そんなに甘くない」という事になりました。

甘くないというのは「野党」にとってという事です。前日まで「佐川さん頑張れ」と言っていたのに、思い通りにいかなかったら「証言拒否で告発する」というのは手のひら返しにも程があります。

「刑事訴追の恐れがあるから~」と言って証言をしないというのも、証人に与えられた権利です。それを思うような証言を得られなかったら「証言拒否」とは…。

そもそも野党にとってこれは結論ありきなのです。この公文書改竄、土地取引に安倍総理、昭恵夫人が関与しているという証言を引き出し、議員辞職及び内閣総辞職に追い込みたいという算段なのです。

この証人喚問で明らかになったのは、政権内部、閣僚、秘書官そして昭恵夫人の関与がなかったという事です。

証人喚問の場で嘘の証言をすれば偽証罪に問われるのに嘘の証言をするのは考えずらい。しかし野党は納得しません。しまいには市民団体の「本当の事を話せ!」と言うデモに参加するという暴挙に出ました。

籠池氏の時は

振り返ってみましょう。森友学園前理事長籠池氏。彼も証人喚問の証人として国会に呼ばれました。これに対して野党は「本当の事を話せ!」となったでしょうか?

野党は籠池氏の証言を正しいという前提で話を進めています。しかし彼の証言が正しいという裏付けは取れてはいません。にもかかわらず正しいという前提で進めるという事に疑問は感じないのでしょうか?

野党ももう引っ込みのつかないところまで来ているので、今さらと言うのもあるのでしょう。これで政権などの関与がなければ野党はどう責任を取るのでしょう?

野党の質問は礼儀がなっていない

野党の質問は礼儀がなっていません。特に共産党はその傾向が強いです。今日の証人喚問を見ていても、思い通りに答えが返ってこなかったら「逆ギレ」、「恫喝」など礼儀がなっていません。これは野党の焦りとも取れます。

冒頭で政権などの関与はないという事を佐川氏が証言しました。これを肯定してしまったら、野党の今までの主張が崩れ去ってしまうという危機感からだと思われます。その危機感が、共産党の質問が終わるときに「尋問を終わります」という言葉に表れていると思われます。証人喚問は質問の場であり、尋問の場ではありません。

「国民は納得していない」と思う?

マスコミがすぐいう事、「国民は納得していない」。ではその国民はどのような人を指すのか?それは「マスコミ」と「反自民勢力」です。

今回の証人喚問でも報道は「佐川氏は嘘をついている」というスタンスです。では彼が嘘をつくことで得する事があるでしょうか?刑事処分になるリスクを負ってまで嘘をつく道理はありません。中には「嘘の証言をする事で、自民党からの見返りがある」と言う無理筋の理屈をつけてくる人もいます。

納得するのは安倍政権が無くなる事。では仮に安倍政権が総辞職、安倍総理が議員辞職したとして、総選挙になって野党が勝たない限り政権はとれません。

総選挙にならなかったら、ほぼ自民党から次期総裁=総理大臣が出ます。そうなれば「アベノミクスの継続」もあり得るでしょうし、急に政策を変換するのは考えずらいです。

まとめ

今回の証人喚問。佐川氏の勝ちとも取れます。そもそも官僚のトップ中のトップの佐川氏に国会議員が太刀打ちできるとは思えません。省庁の経験者の国会議員もいますが、佐川氏ほどのポジションまでになった人がいるでしょうか?

また「人が死んでいる」という感情論に持ち込む人もいますが、それは近畿財務局内部で起きた事。原因は財務省よりも近畿財務局の労務管理という事も考えられる。そもそも省庁の勤務が深夜、翌日にまでになるのが異常。それに財務省では自殺者が出るというのは過去にもある。人が死ぬというのは確かにあってはならないが、今回だけを特別扱いするのはちょっと違うのではないかと思います。

 

投稿者: souzou1973

世の中を独自の目線で斬るというのは大げさですが、自分なりの着眼点で書いていきます。日本は世界に誇れる国であり、「日本を取り戻す!」という安倍総理の言葉に共鳴しています。「日本は日本人のもの」当たり前のことが当たり前になる世の中になるように。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です