人手不足で困っているという企業に一言

自業自得

今、企業が黒字なのに「廃業」するというのが増えているという。その理由は後継者がいないという事。息子に継がせないのか?と言う意見もあるが、その息子も後継者にならないとなれば廃業しか道が残されていないのも確かだ。かといって赤の他人に事業を継いでもらうのも難しい状況だ。

それはなぜか。社長が事業継承を望んでいるという事は、従業員も高年齢化が進んでいるという事。とてもじゃないが事業継承できるような人たちではない。できれば中間層の人に継いでもらいたいと思っているが、今の企業の年齢構成は若手と定年真近の人しかいない。30代後半から50代前半の人員がほとんどいない企業が多い。

中間層の人の就職時期は、就職氷河期と言われた時代で買い手市場だった時代。まともな就職もできずに今も非正規と言う人も多い。

その当時は「会社が危ないのに新卒など採用できない」と言っていた企業が人手不足で悲鳴を上げている。ま。自業自得だが。当時40代だった社員が定年になるという事はわかっていた事だ。

その当時は買い手市場で、優秀な人材=国立大か有名私大という縛りでそれ以外認めないと言う考えにとらわれていたのが原因だ。その結果として会社は従業員の尊大な態度をとるようになった。

「お前らは会社に採用してやった人材」と言って尊大な態度、サービス残業の強制、ブラック企業の増加を招いたのがこれが要因だ。

世代交代ができないという泣き言

この事を言わずに人手不足で困っていると言う面だけを強調する企業には嫌悪感しか残らない。それだけ人手不足で困っているなら定年制を廃止すればいいだけ。

「世代交代ができない」と言う仰々しい謳い文句を言うが、そもそも世代交代をできる状況ではない。最近企業の不正が横行しているが、中間層の人手不足と無関係ではない。この時期に採用された人は「厳しい就職戦線を勝ち抜いてきた」人達。さらに団塊の世代の大量退職でポストが大量に空き、実力以上の役職が付いている人も少なくない。当然技術の継承もできていないので中途半端になる。

中間層を増やすには

問題点は新卒一括採用にあるのは明らか。もっと中間層に門戸を広げるべきだ。それには社会人採用の機会をもっと増やすべき。

だがそれには課題がある。一般常識などの筆記試験は社会人にとっては難しい。いわゆる大学のAO入試のようなものを採用できないものか?要は人物重視と言う事。

これは会社側が難色を示すのは明らか。だが面接と言うのは会社側と受験者双方がお互いを面接する場。会社側も勉強しなければならないだろう。

投稿者: souzou1973

世の中を独自の目線で斬るというのは大げさですが、自分なりの着眼点で書いていきます。日本は世界に誇れる国であり、「日本を取り戻す!」という安倍総理の言葉に共鳴しています。「日本は日本人のもの」当たり前のことが当たり前になる世の中になるように。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です