マスコミの支持率は信用できるのか?

安倍政権の支持率が30%を切った?

どうやら安倍政権の支持率が30%を切ったらしい。反安倍勢力は下がった事に対して喜んでいるようだが、果たしてこの世論調査は信用できるのか?

世論調査は無作為に選んだ番号にランダムにかける調査らしい。らしいというのは「私はその調査を受けたことがない」からだ。ここで疑問がある。昼間に携帯だろうが固定電話だろうが電話に出る事の出来る人は非常に限られる。という事は、ほとんどが定年退職した団塊の世代と思われる。

団塊の世代は『社会主義』を信奉していて、だが就職してからは「資本主義」の恩恵を一番受けている世代だ。こう言っては悪いが「カネはある」。さらに根本的な思想は「社会主義」。「再分配」と言う言葉がよく使われるが、分配というのは社会主義の言葉だ。現に今の国会議員は団塊の世代ばかりだ、

それに携帯電話にかかってきても非通知なら出る人は多くない。という事は調査に答える人はほとんどが「昼間に家にいる人」すなわち「定年した世代」である「団塊の世代」という事になる。

あまりにも調査の数が少ない

日本の総人口を1億人と仮定して、調査サンプル数が1000もないものが「果たして正当な世論の声」かという疑問もある。本当の世論を表すのは「選挙の投票率」くらいないとダメなのではないか?

極論、地域によって支持政党の傾向というのはマスコミは把握しているはずだし、ランダムにやっていると言っても「それを証明してはいない」。コンピュータがやっているからというのは理由にはならない。逆にいくらでも「操作」は可能だからだ。ネットで噂になっている「宝くじはイカサマ」というのもコンピュータは不正ができるというのがベースになっている。

なぜdボタンなどの機能を利用しないのか?

なぜマスコミはデータ放送利用しないのか?せっかく国全体で地上デジタル放送に移行したのに利用しないのは理解に苦しむ。

にもかかわらず、なぜ旧態依然とした電話の調査にこだわるのか?それは前述したように「操作」が可能だからという疑惑が出る。もしこれでデータ放送を利用した結果「まるっきり違う結果」が出てしまったら、今までの世論調査の信憑性が疑われるからだ。

だが私は、それでも「データ放送やるべきと進言する。たとえこれでマスコミの信用がなくなっても(もう信用はないが…)。

今マスコミは、安倍総理が信用できないというのが国民の声という主張をしている。だが信用できないのはマスコミ自身だ。与党の不祥事ばかりを報道し、野党の不祥事は一切おとがめなし。これが公正な放送といえるのか?マスコミの本来あるべき姿は「批判すべきところは批判する。しかし公正中立に」という事ではないのか?これをやらない今のマスコミには批判をする資格がないと思うのは、私だけではないはずだ。

 

投稿者: souzou1973

世の中を独自の目線で斬るというのは大げさですが、自分なりの着眼点で書いていきます。日本は世界に誇れる国であり、「日本を取り戻す!」という安倍総理の言葉に共鳴しています。「日本は日本人のもの」当たり前のことが当たり前になる世の中になるように。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です