マスコミ報道は果たして公正なのか?

批判だけはするマスコミ

最近のマスコミの報道はおかしいと思わないだろうか?日本大学のアメリカンフットボール部員の「悪質タックル」の大学側の対応を問題視しているが、マスコミにそれを批判する資格があるだろうか?

ついこの間は「セクハラ問題」が世間を騒がしていたが、その時の対応は「決して正しい対応」とは言えない。むしろ「マスコミがマスコミを批判する事はない」という事が明るみになっただけだ。

なぜ追及が「福田氏」の方向だけに行かなければいけなかったのか?テレ朝側の「音声データ」の解明の方向に行くのが本来の流れ。ところがマスコミは追及しすぎると「マスコミ全体の信用」に関わるという事で手心を加えているように見える。そこに日本大学の問題が浮上した。マスコミにとっては渡りに船。「この問題を大きくすれば」目線をそらす事ができるという事で大きくしたのではないか?

「20歳の学生が」というのが不可解

マスコミは「20歳の学生が監督の命令で仕方なくやった」という方向にもっていこうとしている。だがこれが「20歳の社会人が反社会組織に脅されて犯罪に手を染めた」となれば「この20歳の社会人は同情を集める」だろうか?「反社会組織に出入りしているからこのような事になる」という目で見られるだろう。

20歳。法律的にも、社会的にも「大人」である。ところがマスコミは「大学生」という事だけで「未成年」のような扱いをしている。そしてその学生を「立派だ。学生を一人で記者会見に出させるのはけしからん」という論調にしている。記者会見にしても「この学生」が一人でセッティングしたのならすごいと思うが、日本大学側がおぜん立てしたと聞く。

マスコミは何のために記者会見にきたのか?

日本大学側の対応が「けしからん」という論調。だがマスコミ側にも問題がある。「記者会見に来てやっている」という態度に問題はないのか?別に来てくれと頼んでいるわけでもないし、取り上げる気がなければ行く必要もない。最初の話に戻るが、「セクハラ問題隠し」と思われても仕方ない。

女性の味方という欺瞞

セクハラはいけない事である事は間違いない。だが「女性が勇気を出しているから真実」というのは飛躍しすぎではないか。ハッキリ言って「この風潮を利用しよう」と思っている女性もいるのではないか?

痴漢冤罪などはその典型だ。「痴漢です」と疑われたら「女性が言っているから」という事だけで警察に拘束される。この男を嵌めてやろうと思えば「可能」という事だ。これが逆に女の痴漢がいたとすればどうなるか?という事は司法も想定していないと思われる。もしいたとしても「痴漢された」と泣いて言えばそれが通ってしまうという恐ろしい世の中になる。

私はそのような女性は「一定数」は存在するという考えだ。セクハラも「男が女にする」だけが該当するものではない。「女が男にする」のもセクハラだ。ところがそれは「都合が悪い」のでマスコミは無視する。マスコミや司法にとっては「女性は男に襲われる立場でなければならない」というのが固定概念としてあるようだ。

 

安倍政権を野党は打倒できると思いますか?

所詮憶測

森友、加計問題で1年以上国会が空転している。もういい加減にしてもらいたいというのが率直な気持ち。

そもそも事の本質は「友人だからえこひいきしたはず」というのが始まり。当の安倍総理は40年来の友人であり「仕事の話を友人関係に持ち込まない」というのが信念だという。

ところが野党は「普通は友人なら便宜を図るのが当たり前」らしい。これが普通という感性がどうかしているし、野党は当たり前にやっていたのだろうと思ってしまう。一般的に仕事の話を友人関係に持ち込んで「この商品買ってくれ」と言われてどう思うか?それが答えではないか。

証人喚問に意味があるのか?

柳瀬元総理秘書官の証人喚問が行われて「正直に言え」と言っているが、野党にとっては結論ありきであって「どんなことを言っても」自白しない限り求めることはないだろう。この手法は問題になった「シナリオを作ってその通りに進ませる」検察のやり方そのものではないか?結果何が起きたか?冤罪である。

このような事を許す証人喚問に意味があるとは思えないし。国会議員が「証人喚問を求めます」というのがここまで頻発すると「数撃ちゃ当たる」ということになり本来必要のない事までやることになる危険性がある。国会も証人喚問を求める際の条件をもっと厳しくする必要性があるのではないか?

獣医師会を証人喚問すべき

意味のない証人喚問が頻発すると書いたが、逆に本来証人喚問すべき人物を呼ばないのもおかしい。

この加計問題で「京都産業大学」が選ばれなかったのがおかしいというのが野党の論調だが。そもそも1校だけとなったのが「獣医師会」の圧力という事を意図的に無視しているきらいがある。

ほぼ半世紀近く新たな獣医学部を創設させてこなかったのが「獣医師会」だし、仕方なく認めても「最低限」の抑えるという手段に出る事ができる組織だ。これは言ってしまえば「利権」そのもの。

ある特定の政治家に献金をして「政治的」に利権を独占している組織。この長を証人喚問すればなぜ1校しか選ばれなかったのかがはっきりするだろう。

野党は政権打倒はできない

政権打倒を野党はできるか?と言えば今の状況では無理と言わざるを得ない。マスコミを使って支持率を下げて、この森友、加計問題で国会を空転させているのをもう一般人は見破っている。

もう一つ根本的に「日本をよくしよう」という気概が今の野党にはない。それに日本国民は「民主党政権」を良くも悪くも経験してきたので野党に政権を取らせるわけにはいかないという気持ちもまだ多く国民意識にある。

それに野党は「日本国民の方を向いていない」というのもある。民主党政権で「国民の生活が第一」というスローガンを掲げていたが、国民の上には「中国、韓国」が付くのかという位中国、韓国を優先させてきた実績がある。その極みが「外国人参政権」。このような事をやってきて「党の分裂を繰り返して、名前が変わったから新しい党です」というのは日本国民を馬鹿にしている。

 

セクハラ問題のマスコミ報道の疑問

女性は有利?

TOKIO山口達也氏の事件が世間を騒がしたが、この事件に対するマスコミの報道は「被害者の女子高生はともかく悪くない、悪いのは山口氏」という論調だ。

だが私はこの事に疑問がある。確かに悪いのは山口氏。だがこれが「女性タレントが男子高校生にキスをした」となればどうだっただろうか?おそらくは「男子高校生」が加害者とされていたと私は思う。

そもそも前提が「女はか弱いもの、男は女を襲うもの」というのがおかしい。女だって性欲はある。逆の事があっても何の不思議もない。

例を挙げれば、痴漢冤罪はこの極み。痴漢されたと言えば、「やっていない」と言っても「女性が泣いているから、女性が嘘をつくわけがない」と言われて男の言い分は一切聞かれない。でもよく考えてみれば、「泣いているから嘘をつくわけがない」と言うのは男性目線での理屈だ。これが「男性が泣いているから嘘をついていない」とはならないのはなぜか?それは男性目線で「泣くなんて男らしくない。どうせ嘘をついている」という感情が先に立つからだ。

痴漢や強制わいせつは犯罪なのは間違いない。だがそれを悪用する人もいるのは確か。それを一切考えず。女性の言い分を100%信用するのはおかしい。

これは福田事務次官の問題にも当てはなる。「音声データがあるから間違いない、女性が勇気を出して告発している」という事だけが根拠。では音声データの分析はしたのか?全ての音声データを提出するべきという論調にならなければおかしい。

それに山口氏の事件に女子高生は「警察に被害届」を出したが、テレビ朝日の女性記者は「被害届」を出していない。そんなに心に傷を負ったというのならなぜ出さないのか?

その理由はただ一つ。「政権を倒す」事に利用できると考えたから。警察に被害届を出せば、全てのデータを提出しなければならないし、場所、日時なども徹底的に調べられる。そうなれば都合が悪い事も明るみになる。そうなれば都合が悪いからに他ならない。