ネットの情報は信用できないというマスコミの主張

ネットは信用できない?

インターネットというものが普及してきてからの問題がインターネットは信用できるか?という事です。

マスコミは「ネットは匿名性が高いから信用できない」という論調です。ではマスコミが「記事を書いた人間」の名前を公表しているのか?と言えばそんな事はありません。その点ではネットもマスコミも差はありません。

なぜマスコミはネットを目の敵にするのかと言えば、ネットが普及する前はマスコミが情報をコントロールしていたと言っても過言ではありません。ところがネットの普及でそれが崩れてしまった。端的に言うと国民をだますことができなくなったという事です。

それは選挙で表れます。民主党政権ができた時に事を思い出してください。この前の「麻生政権」の時にマスコミは「麻生総理が漢字を読めない、カップラーメンの値段もわからない」という事に終始しイメージを下げていました。私に言わせれば「こんな事は些末な問題」であり政策には一切関係ありません。しかしマスコミは「自民党政権」を終わらして「野党政権」の樹立をしたかったのでしょう。

ここで一つの問題が出てきます。マスコミが望む政権を樹立するためにはこのような世論誘導をやっていいのか?という問題です。

公正中立な報道がマスコミの本来あるべき姿です。しかしながら公正中立とは名ばかりで骨抜きになっています。それは現在も継続しています。

ではネットはどうでしょう?会社という縛りもなく忌憚ない意見が入り乱れています。もちろん問題がないわけではなく、誹謗中傷などもあるのも事実です。しかしマスコミに言論統制されていたのに比べれば「本音」で意見が言えるのは長所と言えるでしょう。

ネットに取って代わられるのでは?

トランプ大統領に代表されるようにSNSは今や重要なツールです。政治家が有権者に直接に自分の考えを言え、それも歪曲されることもなく伝わるのは大きいです。将来的にはネット投票と言うのも現実性を帯びてきます。

しかしこれに強硬に反対しているのがマスコミです。反対する理由はただ一つ。「世論誘導」ができなくなるからと「存在意義」が無くなるからです。私は正直マスコミの記者の意見なんて聞きたくありません。なぜならば「社の意向に沿った意見、質問しかできない」からです。それならたとえ左であっても「政治評論家」のほうがましです。個人の名を晒している以上「言った事には責任を取らなければいけないから」です。

いずれ紙媒体である「新聞」は「電子版」になるでしょう。テレビも偏向報道をしているようなら衰退していくのは避けられません。それを食い止めるには本当の意味での公正中立な報道をするしかないと思います。

投稿者: souzou1973

世の中を独自の目線で斬るというのは大げさですが、自分なりの着眼点で書いていきます。日本は世界に誇れる国であり、「日本を取り戻す!」という安倍総理の言葉に共鳴しています。「日本は日本人のもの」当たり前のことが当たり前になる世の中になるように。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です