カジノはギャンブル依存症を増やすのか?

カジノ法案?

暑い日が続きますが大丈夫でしょうか?さて今回はIR法案について私の見解を書いていこうと思います。

カジノはギャンブル依存症を増やすというのが野党の見解ですが、ではギャンブル依存症の一番の原因は何でしょうか?

それは「パチンコ」です。

政府や警察はパチンコは娯楽というのが公式な見解です。その根拠となるのが、「パチンコ屋は自社で換金をやっていない」という事。いわゆる三店方式です。

建前は「パチンコ屋は出玉に応じて景品を客にあげる」のみ。しかし実態はその景品を換金所に持っていけば「現金」になります。功名な事にその景品を買い取るところは「別会社」になっています。だからパチンコ屋は賭博に関与してはいないというのがその理屈です。

ではその景品を換金所でなく「別のところ」、例えば質屋みたいなところでもいいです。持って行って換金所と同じ価格で買い取るでしょうか?

同じ価格どころか「買取不能」でしょう。

この事からも換金所とパチンコ屋が同じ目的のもとに動いている事は明らかです。

同じ形態をほかの業種ができるのか?

では同じ形態をパチンコ屋以外の業者がやったとすればどうなるか?確実に賭博で逮捕されるでしょう。風営法というのをご存知でしょうか。いわゆる「夜の商売」を開業する時の法律です。その風営法は「パチンコ」にも適用されます。よく考えてみれば「学校や病院」の近辺にはパチンコ屋はないはずです。

この法律はパチンコ屋の為にあるようなものと私は理解しています。なぜなら、パチンコ以外の「業態」は認めないからです。

マスコミの報道

マスコミはこの法案を「カジノ法案」と呼んでいます。しかしIR法案は複合型リゾート施設の中にカジノを作るという事で「カジノだけ」を作るわけではありません。そこをマスコミは曲解しています。

その反面、パチンコに対する批判は一切ありません。それはパチンコ業界は大事なスポンサー様だからです。またこれは野党にも同じことが言えます。民主党政権時は異常にパチンコ、サラ金のCMが多かったと思いませんか?これは民主党政権とパチンコ、サラ金業界、マスコミが「密接な」関係だったことを如実に表しています。

マスコミは現在「収入不足」に喘いでいます。それは再び政権交代が起こり「自民党政権」に戻ってしまったからです。だからマスコミは「安倍政権」を執拗に攻撃して立憲民主党を持ち上げるのです。

パチンコは「賭博」と私は考えています。ここまで明らかな証拠があるのに「賭博罪」で立件しない理由は何でしょう?

それはパチンコ業界に「警察OBが天下りしているから」です。

警察と言えども「官僚組織」です。官僚というのは「先輩」の事を否定するのはご法度です。だからパチンコ業界には手を出せないのです。今回のIR法案は「パチンコ業界」の衰退、壊滅を狙っているのではないか?と思います。正面切って潰すことができないのなら「外堀」から埋めていこうという事です。

まとめ

こう見ると。パチンコ業界の根深さがわかります。政治に入り込み、司法にも入り込んでいるというのは深刻です。私たちにできることは「野党政権。とりわけ旧民主党の流れを組む政党には政権をとらせない」という事です。どんなに「私たちはこうします」と言っても何の裏付けのない事です。これは民主党政権の時に明らかになったでしょう?

沖縄の米軍基地の県外移設、高速道路無料化、暫定税率の完全廃止。耳障りのいいことを言って実現できたでしょうか?これは私たちにも責任はあります。「一度やらせてみたら?」、「民主党の方が自民より素晴らしい」というマスコミの報道に踊らされたのを忘れてはなりません。

理想は「パチンコ」を賭博と認定して潰すのが「ギャンブル依存症」を減らせる方策だと思います。

投稿者: souzou1973

世の中を独自の目線で斬るというのは大げさですが、自分なりの着眼点で書いていきます。日本は世界に誇れる国であり、「日本を取り戻す!」という安倍総理の言葉に共鳴しています。「日本は日本人のもの」当たり前のことが当たり前になる世の中になるように。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です