死刑執行は悪い事なのか?

オウム真理教死刑囚の死刑執行

麻原正晃らの死刑が執行されたのに続き、残りの死刑囚の死刑も執行された事に対し「真実を知る手立てがなくなった」と言う事で批判がある。だが23年という時間をかけても「真実」は解明されなかったことについては一切コメントはない。

正直、23年もの時間をかけても「真実」が解明されなかった事が、これ以上の時間をかけて解明されるとは到底思えない。この死刑執行に異議を唱える人は。麻原以外の死刑囚は「麻原に騙された被害者」との位置付けにしたいのだろう。例えマインドコントロールされたとしても、「犯罪を実行した」のは死刑囚本人。マインドコントロールで許されるのならば、組織に命令されたと言えば許されるのか?そんな事はあるまい。

マインドコントロールは「特別」な事ではない一般社会でもある話だ。大企業や省庁で「不祥事」が起こるのは、会社の常識というマインドコントロールが蔓延していることになる。

死刑は残虐で「国家による殺人」?

死刑廃止論者は「死刑は国家による殺人」で世界的に死刑は廃止されているという主張をしている。だがそこには盲点がある。死刑は廃止されていても「犯人は射殺」されている国もあるという事に触れないのはいかがなものか?

死刑廃止論者は「裁判で弁明もできず」射殺されるのは残虐ではないというのか?確かに可能性だけで言えば「冤罪」という事もあり得る。だがそれは「捜査する警察」の問題であり、法務大臣の問題ではない。法務大臣は「捜査資料」でしか判断する事ができない。そこはどう考えているのか?

マスコミの報道は公正なのか?

マスコミはこの死刑執行に対して、「こんな高学歴な人を…」という論調だった。これがまかり通るのならば、「学歴が低い人は死刑になって当然で、高学歴な人は許される」という事は「差別」そのものではないのか?日頃、差別と叫んでいる人たちはこの事に「気付いて」いないわけがない。という事はこの人たちは、差別を自分たちに都合よく使っていることにならないのか?

被害者の人権は?

今の日本は「容疑者及び被告」の人権が異常に守られていると感じる。「人権を奪ったものが人権を主張する」という事に違和感があるのは私だけではないと思う。それで「心神耗弱」だの「社会が悪い」。「善悪の判断がつかない」というのはあまりにも「被害者」を冒涜しているのではないか。

「善悪の判断がつかない」つかないというのは「あり得ない」。本当に善悪の判断がつかないのならば、「警察」、「闇社会」を狙う事も厭わないだろうからだ。

 

 

投稿者: souzou1973

世の中を独自の目線で斬るというのは大げさですが、自分なりの着眼点で書いていきます。日本は世界に誇れる国であり、「日本を取り戻す!」という安倍総理の言葉に共鳴しています。「日本は日本人のもの」当たり前のことが当たり前になる世の中になるように。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です