憲法改正すれば戦争になると思いますか?

戦争へ突き進む?

憲法改正すれば戦争になるという意見がある。だから憲法改正はするな!70年以上戦争に巻き込まれなかったのは「平和憲法」があったからだ、と言う主張だ。そしてその極みが「安倍総理は戦争をやりたいから憲法改正をしようとしている」と言う主張。

だがその話は無理がある。それは自由民主党の結党の理念が自主憲法、すなわち「日本人の手で憲法を作る」という事だからだ。だから「安倍総理の個人的考え」ではないと言えよう。憲法を日本人の手で、という事は日本国憲法はアメリカが作ったものという事。だから後生大事に堅持するというのは「おかしい」という事にならないだろうか?ちなみに日本国憲法を国会で承認した時には「悔しさのあまり涙した」という。

アメリカにしてみれば、占領統治が終わり独立国になったのにも関わらず「憲法を改正もしくは自主憲法を作らない」のは驚いたことだろう。護憲派は「日本人が改正や自主憲法を作れば他国を侵略する」と思い込んでいるのだろうか?普段、安倍総理及び自民党政権を「アメリカのポチ」と批判するが、「アメリカが作った憲法を守る」というのは『ポチ以上』だろう。そもそも日本国憲法に代表される「第9条」。軍隊を持たない、戦争放棄は「アメリカの都合」以外何物でもない。

アジアの国々は脅威になる?

よく日本が憲法改正すればアジア諸国は脅威に感じると言う。だがこのような主張をする人のアジアとはどこなのか?

「中国、韓国」の事を指すのは間違いない。他の国は「日本に感謝しても恨みに思っていることはない」。中国人、韓国人にもいい人はいっぱいいる。しかし国レベルになると「日本は侵略して~」となるのは「国益」になるからやっていると思わざるを得ない。

自衛隊が軍隊になれば戦争になるのならば、「中国が軍事費を拡大している」事に一切口をつぐむのは卑怯だろう。日本が侵略した国が軍事でアジアを制圧するのが痛快とでも思っているのか?今のアジアの脅威となっているのは「間違いなく中国」である。

そして韓国。朴槿恵が逮捕され文在寅大統領になり「北朝鮮との融和」を模索していることに「苦しさ」を感じる。アメリカも韓国の事は信用はしていないだろうし「孤立無援」になる可能性もある。アメリカから見放されてどこにつくかと言えば、「中国」しか残っていない。だから「慰安婦問題」を蒸し返しているが、最近は「ライダイハン」であまり言えなくなってきている。

韓国はいずれ北朝鮮と統一されるのは間違いないだろう。ただし「主導権」は北朝鮮になるだろう。なぜなら文在寅は「親北朝鮮」だからだ。

正直、脅威と言うのは「日本を弱体化させる」ための方策だろうと私は思う。逆に言えばそれだけ日本が「軍」を持てば敵わないという事。よく『軍を持てば戦争になる』と言うが、その理屈で行くと「世界中戦争だらけ」で夏休みに海外旅行など行けるわけがない。

人手不足と嘆いている企業へ

一昔前は…

人手不足は深刻と言われているが、それは対策を怠ってきた企業側にも責任の一端はあるのではないだろうか?団塊の世代の大量退職は予測できただろうしね。そのような失策を顧みずに「人が足りない」という。

しかしその「人が足りない」というのも誰でもいいというわけではない。就職氷河期時代に「希望の職に就けなかった」人が応募すると断られると言われる。要は「若くて安く、長く言う事を聞いてくれる人」を求めているのだ。これでは「人手不足」は永遠に解決することはない。一昔前は買い手市場で「企業が主導権」を握っていた。その当時就職できない人は「自己責任」と言われ批判にさらされた。同じ理屈で行くと現在は、企業側の「自己責任」と言われていいと思う。そこは批判しないのはなぜか。

働かせてやっている

我々は「働かせて頂いている」、「働けるだけでもいい」と思いなさいと言われて来たのではなかろうか?これが「ブラック企業」を拡大させてきた要因の一つではと私は思う。

経営者はこの気持ちにつけ込み「サービス残業は当たり前」、「休んだ事にして、実際は休ませない」という所も。この傾向は今もある。「有給休暇」を取ろうとすると「断られた」経験はないだろうか。理由が「うちの会社では誰もとっていない」酷い所になると「有給?あるわけないだろう」という所もある。これは立派な法令違反。そのことを指摘すると「文句言うならクビ」という理屈になる。生活の糧を握られている労働者はこれで意見が言えなくなる。

そのような企業が人手不足を嘆いていても「同情」はできない。

精神論

「今の若者はなってない」と言われることもあると思う。でも気にすることはない。この言葉は古代からあって「言っている人も言われていた言葉」だからだ。言う人の精神状態は「優越感」を持ちたい、その一点のみ。

「気合が入っていない」、「やる気あるのか」と言うのも精神論。このような事を言う人の傾向は「教えることができない」という事。たとえ仕事ができて役職があっても「教える」事ができないのならば失格だろう。

元中日監督の落合博満氏。彼は一人の選手を指導するのに「コーチの指導方針を統一」したという。ある人はこうやれ、もう一人はそれを否定する、もう一人は全く違う事を言うとなれば混乱するのは選手。何をやっていいのかわからなくなるのを防止するためだ。これは一般企業でも当てはまるのではないか。それをやらないところが「精神論」に走るのは当然だろう。自分たちの指導力不足を棚に上げ、社員個人の問題にできるからだ。

「自分で考えてやれ」と言うのは「会社のやり方」を使ってやれという事。たとえ結果が出ても「違う方法」でやれば批判の対象になる。しかし会社の目的とは何か?「売上、利益を増やす事」だろう。正直、非合法でなければ方法は人それぞれだからいいのではないか。批判する人は「プロセスが大事」なのか「売上、利益を増やす」どっちなのか?単に結果を出したことに対する「嫉妬」にしか見えない。

8月6日、8月9日は原爆の日

「過ちは繰り返しませぬ」

今日8月6日は広島に原爆が投下された日。その3日後の8月9日は長崎に原爆が投下された日です。

広島の原爆死没者慰霊碑に「過ちは繰り返しませぬ」という一文がある。その主語一体何なのだろうか。日本人?それとも人類なのか?人類ならまだわかるが「日本人」となれば違和感がある。

原爆を投下したのはアメリカ。それも「アメリカの科学者が非人道的な兵器」と警告していたのにもかかわらず使用した。アメリカが使ったのは「日清、日露戦争で白人を打ち破ったから」からと言われている。彼らは白人こそが「人間」であり、黄色人種は「動物」とみなしていた。その動物が人間を打ち破ったことが「面白くない」のだろう。事実戦死した日本兵の頭皮や頭蓋骨などをオブジェとして飾っていた写真も残っている。

当時アジアで「独立国」は日本とタイだけであり、他は欧米列強の植民地だった。中には「植民地になっても生きてさえいれば…」という人もいるだろう。だが欧米列強に植民地支配された国はどうなったのか?アフリカも欧米列強の植民地だったが、いまだに飢餓に苦しんでいる現実がある。それは何を意味するか?「資源をとるだけとって人間は奴隷扱い」していたという事。

日本には資源がない分「人間を奴隷扱い」していたことは想像に難くない。それで「生きてさえいれば…」というのは幻想とわかる。それを防ぐために戦争に行かざるを得なかったという一面はある。「話し合えば…」という人もいるが、話し合いになるわけがない。圧倒的に日本に不利な条件だからだ。

私は日本がやむにやまれず戦争に突入したと思っている。ABCD包囲網で資源を止められ、日清、日露戦争で獲得した権益もなかったことにしろという要求を飲むことはできない。欧米列強は「日本を引きずり込む」のが目的だったというのは明らかだ。

過ちを犯したのは「アメリカ」の方だ。ウラン型とプルトニウム型と異なる仕様を落としたことからも「人体実験」とわかる。その根底にあるのは前述した「黄色人種を動物」とみなしていたからだ。しかしアメリカは「原爆投下により戦争終結を早め、犠牲者を増やさずに済んだ」というのを「世界の常識」にしてしまった。それがこの「過ちは繰り返しませぬ」という言葉につながっているのだろう。

唯一の被爆国

よく「日本は唯一の被爆国」だからという表現をされる。この根底にあるのは「日本が戦争」したから。すなわち日本が悪いという事からその言葉が生まれたのだろう。悪いのはアメリカだ。「非戦闘員の殺戮」は国際法で禁止されている。それは戦争中でも変わることはない。アメリカは「各都市の空襲などの非戦闘員への攻撃」を数多く行った。その最たるものが「原爆投下」だ。

唯一の被爆国だから「戦争につながる憲法改正はまかりならん」というのもまた違うと思う。戦争は相手があるから成立するのであって「憲法改正」したから戦争になるというのは間違いだ。逆に「唯一の被爆国だから、第二の被爆者を出さないようにするのが正論」なのではないだろうか。現実に「中国、北朝鮮」という日本にミサイルを向けている国があるのだから。

ともあれ「原爆で亡くなった」人は気の毒としか言いようがない。ある日突然「死」を迎えてしまうのだから。そのような事にならないようにするのが「政治」なのではないだろうか。