安倍総理は独裁者なのか?

独裁者?

Twitterで「安倍総理は独裁者」と言うハッシュタグが付いたのが話題になっています。独裁者と言う表現は「いくら嫌いとはいえ失礼」だろう。独裁者と言うのならば「中国の習近平、北朝鮮の金正恩」の事を批判しないのはおかしいだろう。もしこの2国で「独裁者!」と言えば、あっと言う間に拘束されて「拷問され死刑」に処されるだろう。

それがなされない「日本」は「独裁」とは程遠い。本当の独裁とは言論の自由がなく政府批判などありえない事を言う。

では民主党政権の「鳩山、菅、野田」元総理は独裁ではないのか?好き勝手に「外国人参政権を導入しようとしたり、財務省の口車に乗り消費税増税を決めたり」するのも独裁と呼ぶに相応しいのでは?

「安倍が気に入らない」から独裁と言っているのに過ぎない。どの政党を支持するかは「個人の自由」です。しかし気に入らないからって「独裁」と言うのはどうかと思いますが?

疑惑があるから

森友問題、加計問題があるから、誠意をもって答えていない、官僚が忖度している、というのもどうかと思う。「国民は納得していない」というけども、そもそも結論ありきなのだから「どんなに否定しても、認めるまで国民は納得していない」となるのは自明の理だろう。

かたや国民民主党党首「玉木雄一郎」氏の獣医学会の疑惑はスルーと言うのもおかしな話。この問題も「国民は納得していない」だろうし、野田中央公園の疑惑の某議員も「説明責任」を果たすべきだ。与党だから問題で、野党は関係ないという理論がまかり通るなら「国会議員を辞職」すべきだろう。どちらも国民の信任を得て国会議員になっているのだから条件は同じ。

まとめ

独裁と言うのならば「歴代の総理は皆独裁」と言って差し支えない。民主党政権は「民主主義」で自民党政権は「独裁」と言うモノでもない。おそらく民主党政権で同じことがあったら「強いリーダーシップ」を持った総理と絶賛しているだろう。

投稿者: souzou1973

世の中を独自の目線で斬るというのは大げさですが、自分なりの着眼点で書いていきます。日本は世界に誇れる国であり、「日本を取り戻す!」という安倍総理の言葉に共鳴しています。「日本は日本人のもの」当たり前のことが当たり前になる世の中になるように。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です