なぜいじめはなくならないのか?

なくならないのは当然

「イジメは良くない、命が大事」と言うのは誰もが言えます。子供にそのような事を言っておきながら「大人」はどうでしょう?

セクハラに代表される「ハラスメント」。これはすべて「イジメ」です。日本は伝統的に「舶来コンプレックス」があり、「横文字」にするときは本質をごまかす時です。要はイジメと表現すれば「子供たちにいじめをやめよう」と言う言葉が信用性が無くなる事を危惧しているにほかなりません。

大人がいじめをやめない。これで子供のいじめが無くなるでしょうか?大人は「みんな生活があるから」、「仕事だから」と言う理屈をつけますが、それで免罪されるわけがありません。もし仕事ができないのであれば「この仕事には向いていない」という事で辞めればいいだけです。「生活がある」という事だけで会社に「奉公」しても待っているものは「破滅」です。

いじめをする人

いじめをする人の心理は何でしょうか?それは「嫉妬」と「脅迫思考」です。「あいつが上手くいっているのが面白くない。だから足を引っ張ってやろう」というのと「自分の地位が奪われる」と言う思考です。

このような人の重大な欠点は自分のスキルを上げようとしないという所です。自分の実力を挙げればいいのにもかかわらず、そんなことに労力を割くのは愚かです。このような人は何もしなくても自然に「消えていく」運命です。

大抵このような人は「普段厳しい事を」言います。ミスをすればいつまでもネチネチと言います。しかし自分がミスをしたらどうでしょう。助けてくれと言っても誰も助けてくれないと言い始め、助けなければ人として最低だと言います。自分が「人として最低」な事をしてきたのにもかかわらずです。

自分の実力を高めていればこんなことにはならなかったのに、まあ自業自得ですね。

お天道様は見ている

「お天道様は見ている」と昔からよく言われます。それは「ある」と思います。イジメる人は「派手な事を好み、地道にする仕事は嫌がります」。そして地道にやっている人を「何やってるの?」と馬鹿にします。

そこで卑屈になってはいけません。結果的に「地道に」やってきた人は「蓄積」が違います。イジメているような人は「大きなミス」をして会社を追われる事になるでしょう。

投稿者: souzou1973

世の中を独自の目線で斬るというのは大げさですが、自分なりの着眼点で書いていきます。日本は世界に誇れる国であり、「日本を取り戻す!」という安倍総理の言葉に共鳴しています。「日本は日本人のもの」当たり前のことが当たり前になる世の中になるように。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です